ご使用のテストや妥当性確認の精度を現実世界のシナリオで向上

  • 使用可能な計測データをコスト効率と時間効率の高い形で再利用
  • 現実世界のシナリオを正確かつ一貫性の高い方法によってシミュレーションで再現
  • センサデータに基づいて道路を生成
  • シナリオベースのテスト向けの論理的な再生シナリオを生成
  • AURELIONで現実世界のシナリオを再現(物理ベースのセンサシミュレーション)
  • SIMPHERA用のシナリオを活用(自動運転のシミュレーションおよび妥当性確認向けのシナリオ)
  • OpenSCENARIOおよびOpenDRIVEをサポート

Use vehicle sensor raw data, object lists, or datasets to generate simulation scenarios that simulate the real world.

使用事例

未知の状況や危険な状況のラボでの解析およびデバッグ

テストドライブ中に発生する問題を、車載レコーダのデータから生成されたシナリオを用いて再現可能なシミュレーションで分析します。

生成されたテストシナリオにより運転機能の妥当性を確認

運転機能の動作設計ドメインに一致する現実世界のシミュレーションシナリオを用いれば、妥当性確認プロセスにおける回帰テストの拡張が可能です。

シミュレーションの妥当性確認

シミュレーションデータを同じシナリオの現実世界の計測値と比較することにより、シミュレーションの精度を検証します。

未知のリスクの低減 – データドリブン開発でシナリオを生成

自動運転機能の認証を通過できるかどうかは、スマートかつ効率的な方法で現実世界のデータを妥当性確認プロセスに統合できるかどうかに大きくかかっています。dSPACEは、シミュレーションおよび妥当性確認におけるお客様のパートナーとして、 データドリブン開発のソリューション をプロセスの全段階で提供します。

データドリブン開発向けのdSPACEの各種ソリューションを使用すると、実車によるテストドライブから得られた経験を大規模な妥当性確認プロセスでも利用できるようになるため、未知のリスクを継続的に低減して安全性を向上させることができます。

シナリオ生成サービスは、データドリブン開発プロセスの重要な要素であり、動作設計ドメインのシナリオベーステストやカバレッジ分析といったシミュレーションドリブン認証の基礎となります。

詳細情報

Intelligently Setting the Scene(インテリジェントなシーン設定)

センサデータからのAIベースのシナリオ生成に関する記事をお読みください。

シナリオ生成

現実世界から取得したシミュレートに利用できるシナリオで自動運転機能をテストし、妥当性を確認します。

Innovation Coffee Break

ご使用のテストや妥当性確認の精度を現実世界のシナリオで向上。

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き