For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

AIにより自動で画像を匿名化

  • 最高クラスのカバレッジ率
  • 高い画像スループットレート
  • Software as a Service(SaaS)からオンプレミスまで、柔軟な展開オプション
  • 車載アプリケーション向けに最適化されており、GDPR1)準拠の設計を実装

GDPR1)、APPI2)、CCPA3)などのデータ保護およびプライバシー規制にともない、実際のテスト走行時に収集された街路シーンのデータをさらに処理するためには重要な個人情報を自動的に削除する必要があります。

Identity Protection Anonymizerでは、さまざまな状況において、顔やナンバープレートを検出して匿名化することにより、記録された画像データ(街路シーン)に残された個人情報を隠蔽します。このAnonymizerでは、複数のディープラーニングアルゴリズムを利用しています。また、高い画像スループットや検出レートを実現するため、シングルおよびマルチGPUプラットフォームに対応しています。このソリューションは使用時の柔軟性に優れており、カスタマイズによりエッジケースをカバーすることも可能です。また、UAIデータ・エンリッチメント・パイプラインと完全に統合することができます。

1) GDPR:General Data Protection Regulation(欧州のデータ保護に関する規制)

2) APPI:日本 個人情報の保護に関する法律

3) CCPA:カリフォルニア州消費者プライバシー法