ADAS/AD is a complex domain. To ensure the safety of ADAS/AD systems, using recorded real-world data is an essential step in the respective homologation and release strategies. After all, contrary to synthetic simulation data, the level of accuracy of and fidelity in recorded real-world data can simply not be exceeded. dSPACE offers several solutions that use the replay of recorded data, also referred to as data replay, data reprocessing, data re-simulation, and data playback, for the validation and testing of ADAS/AD features, perception, sensors, and sensor fusion components. Data replay brings safe ADAS/AD systems to the road. 

Replay Accuracy

The aim of data replay is to reproduce recorded data in exactly the same way in which the (V-)ECU would have received it if it was used in a vehicle on the road. dSPACE understands this challenge very well and offers best-in-class solutions, allowing you to focus on innovations that set you apart from your competition. Simply leave the rest to dSPACE.

Modularity

Built with the fast dynamics of ADAS/AD projects in mind, each dSPACE solution consists of modular blocks that can be rapidly and efficiently adapted and expanded. The modular system architecture gives you a head start over your competition, as you can expand the system later on, for example, once the capacity of the initial system is reached or once a completely new feature is required. 

Comprehensiveness

Validating ADAS/AD systems by means of data replay is a demanding process rather than a simple test step. After all, expansive software data replay test campaigns are required for each software update, and specific hardware data replay test campaigns have to be completed for the main scenarios of interest. And we haven’t even mentioned test and data management and the corresponding IT infrastructure. dSPACE recognizes these challenges and offers the right solution for each of them, whether we tap directly into our own dSPACE expertise or work with our comprehensive partner ecosystem. You can choose the best fit for your company from the market's most comprehensive portfolio. 

Optimized Total Cost of Ownership

dSPACE looks at the entire test chain from beginning to end to assess and optimize what you will really end up paying throughout the lifetime of a solution. dSPACE stands for full transparency. We avoid hidden costs that result from a lack of essential features that would make accurate testing infeasible and we actively seek to decrease computation/usage costs. In addition, with our extensive know-how in closed-loop testing, all dSPACE systems for data replay can be used again as closed-loop systems with little to no effort. 

課題

高い精度や現実性を達成するのは難しい作業です。テスト対象システム(SUT)には、実車によるテストドライブ時とまったく同様に記録データを入力する必要があります。データ・リプレイのプロセスでは、センサデータやネットワーク/バスデータを含む異種のデータストリームを同期化する必要がありますが、それらのパッケージ/メッセージサイズは異なる場合があります。そのうえ、大量のストリーミングデータは着実に増加していきます。また、記録データをリアルタイムで適合する作業も複雑になりますが、SUTでのエンドトゥエンドの暗号化チェックやセキュリティチェックに合格するためには必要です。さらに、極めて重要なのは、効率的にテストの規模を増減させ、何百万キロメートルもの走行データを継続的に入力し、複数のテストシステムを協調させることです。

dSPACEデータ・リプレイソリューション

dSPACEは、SUTが物理的に使用可能かどうかや(HIL)、ソフトウェア開発がまだ初期段階であるか(SIL)、センサコンポーネントがシンプルか、または自動運転用の複雑な中央演算処理プラットフォームであるかに関わらず、データ・リプレイの各使用事例に適したソリューションを提供しています。

dSPACEのデータ・リプレイソリューションを使用すると、センサおよびバスデータの同期した取り込みを最小限のジッタで確実に行うことができます。また、モジュール型のアプローチを備えたシステムはアップグレードも容易なため、新しい帯域幅の要件にもすぐに適合することができます。さらに、純粋なソフトウェア環境(SIL)と物理的なSUT(HIL)間や、クローズドループテストとデータ・リプレイテスト間でもシームレスな移行が可能であり、相互運用性も保証されています。この相互運用性により、クローズドループの合成データを使用してSUTを調整し、データ・リプレイプロセスが開始される記録データを初期状態にする作業も容易です。

dSPACEデータ・リプレイソリューションは、標準およびユーザ固有のさまざまなバスインターフェースやセンサインターフェースをサポートしています。また、dSPACEリアルタイムシステムを使用すると、セキュリティ情報や時間情報に基づいて記録データをリアルタイムに適合し、再生データをモニタリングしたり操作したりすることができます。

Some Typical Examples of Tested Functions.

使用事例

次の使用事例では、代表的なデータ・リプレイタスクとそれぞれに最適なdSPACEソリューションを示しています。

センサコンポーネント

実際の記録データを使用して、ハードウェア(HIL)環境でカメラ、LiDAR、およびレーダーセンサの挙動の妥当性を確認します。

ADAS/ADプラットフォーム(ECU)

ハードウェア(HIL)環境で実際の記録データを使用して、ADAS/ADのコンピューティングプラットフォーム上で認知機能やセンサ融合機能をテストします。

バーチャルECUとソフトウェアコンポーネント

ターゲットに組み込む前に、完全なソフトウェア環境(SIL)で認知機能やセンサ融合機能をテストします。

その他の情報 関連項目 動画 成功事例 お問い合わせ

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き