For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

仮想バスシミュレーション

仮想バスシミュレーションとは、ECUおよびバスコンポーネントのシステム全体をシミュレートすることです。ハードウェアは一切不要なため、制御ロジックの開発者はシステム全体のテストを開発プロセスの非常に早期の段階で行うことができます。これにより、テストセットアップに要する費用と時間が大幅に削減されます。また、仮想検証ではリアルタイムでのシミュレーションよりもさらに高速なシミュレーションが可能です。ネットワーク参加デバイスはバーチャルECU(V-ECU)であり、これは新しい制御ロジックの反復ごとにワンクリックで生成することができます。V-ECUはハードウェアに依存しないため、多数のテスト担当者が容易に利用することができます。バーチャルECU向けのシミュレーションプラットフォームであるdSPACE VEOSは通常のPC上で動作します。そのため、制御ロジックの開発者は必要な際にはいつでも自身のテストシステムを利用することができます。仮想バスシミュレーションの作業環境は、dSPACEツールを使用した他のバスシミュレーションシナリオの環境と同様です。V-ECUはSystemDeskで生成し、VEOSでシミュレートします。dSPACE ControlDeskは、シミュレーションのモニタリングおよび解析時に信号をグラフィカルに表現します。仮想バスシミュレーション用に作成されたレイアウトは、以降のHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーションによるバスシミュレーション時に再利用できるため、ここでも時間の節約になります。

サポートしているバスおよびネットワークプロトコル

バーチャルECUのテストでは、dSPACE製品は以下の通信プロトコルをサポートしています。

  • CAN
  • LIN

関連項目