For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

単純なバス通信テスト

多くの場合、単純なバス通信テストはテストセットアップを確認するための最初のステップです。すべてのECUがハードウェアプロトタイプとしてまだ入手できない場合、実際の電子制御ユニット(ECU)にシミュレーションECUを組み合わせてECUネットワークに参加させる場合があります。

バス通信をシミュレートするには、静的信号の値を使用することができます。dSPACEは、バス通信シミュレーションの設定に対応する幅広いソフトウェアツールを提供しています。これらを組み合わせることにより、最も一般的なバスおよびネットワークプロトコルのすべてをカバーすることができます。

dSPACEの最新バス設定ソフトウェアであるBus Managerは、1つのツール内でさまざまなバスプロトコルを処理します。単純なバスシミュレーションのセットアップも可能で、モデリングソフトウェアを使用する必要がありません。以降の統合段階では、必要に応じてビヘイビアモデルを追加することができます。

dSPACE ControlDesk®では、信号や変数の監視および解析に適した直観的なインターフェースが提供されており、テストセットアップの全体像をすばやく把握することができます。ControlDeskには、すぐに使用できるレイアウトのライブラリが搭載されており、バス通信をグラフィカルに表現することができるため、直ちにプロジェクトを開始することができます。また、ランタイム中に信号を操作し、結果をControlDeskで直接確認することもできます。これはテストをすばやくセットアップするのに役立ちます。

サポートしているバスおよびネットワークプロトコル

dSPACE製品は、単純なバス通信テスト向けに次の通信プロトコルをサポートしています。

  • CANを含む
  • CAN FD(ISOおよび非ISO)
  • LIN
  • Ethernet
  • FlexRay