For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

ラピッドコントロールプロトタイピング

ラピッドコントロールプロトタイピングシステムを使用すると、手作業によるプログラミングなしで新たな制御方式の開発や最適化、テストを実際の環境で迅速に行うことができます。dSPACEは、お客様のニーズに合ったRCPシステムを構築するため、車載、ラボ、またはテストベンチ用の広範なソフトウェアコンポーネントとハードウェアコンポーネントを提供しています。

バスシミュレーション用の中央設定ソフトウェアであるdSPACE Bus Managerでは、開発されたECU機能のテストに必要な信号を容易に選択できるようにします。関連するモデルインターフェースはツールによって自動的に生成されます。特定の信号の追加または削除によりテストシナリオが変更された場合はモデル内で直接インターフェースが更新されます。MATLAB®/Simulinkを使用して設計したモデルは、テストセットアップへ容易に統合できます。また、直観的なユーザインターフェースを持つソフトウェアにより、関連するインターフェースハードウェアの設定は簡単に行えます。

dSPACEの試験用ソフトウェアであるControlDeskと組み合わせることにより、ECUネットワークの通信テストで使用する形式に対応したシームレスなツールチェーンがすぐに使用できるようになります。ECU間のバス通信が正しく動作しない場合でも、ツールを使用して直ちに不具合を発見および修正することができます。

サポートしているバスおよびネットワークプロトコル

dSPACE製品は、ECUテスト向けに次の通信プロトコルをサポートしています。

  • CAN
  • CAN FD(ISOおよび非ISO)
  • LIN
  • Ethernet
  • FlexRay