For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

ECU Testing

実際のECUの妥当性を確認する場合、テストは管理された環境で行われます。ここでは、他のすべてのネットワーク参加デバイスをシミュレートすることで、欠陥のある実際のハードウェア参加デバイスのあらゆる影響を排除します。ECUはラボ環境で動作するため、ECUを希望する動作モードで容易に操作することができます。さらに、テストするECUが誤った挙動を示す場合でも、これがハードウェア、あるいは人員をも危険にさらすことはありません。

また、モデルベースの静的信号のほかに、動的信号も使用することができるため、現実的なシミュレーションシナリオを再現することが可能です。

通信を含む総合的なECUテストの場合、十分な演算処理能力を提供するリアルタイムシステムを使用することが極めて重要です。dSPACEは、複雑なモデルを短い計算周期でシミュレートするための高性能システムを提供しています。Simulink®モデルをシステムにシームレスに統合すると、作業プロセスが簡素化されます。また、dSPACEではFunctional Mock-up Units(FMU)などのシミュレーションモデルもサポートしているため、常に必要なテストシナリオに最適なモデルを選択することができます。これにより、より一層現実的なECUのテスト環境を構築することができます。また、一旦行った通信の設定は他のプロジェクトに容易に再利用することができます。dSPACE Bus Managerでは、モデルコンポーネントやバス設定をやり取りするためのコンテナ形式をサポートしています。これにより、効率的かつ容易にテストシナリオを構築できます。

試験用ソフトウェアであるControlDeskは、テストプロセスの中ですべての重要な信号および変数を監視します。これにより、全体像を明確に把握したり、ランタイム中に値を操作したりすることができます。さらに、テストシナリオを自動的に実行することも可能です。

サポートしているバスおよびネットワークプロトコル

dSPACE製品は、ECUテスト向けに次の通信プロトコルをサポートしています。

  • CAN
  • CAN FD(ISOおよび非ISO)
  • LIN
  • Ethernet
  • FlexRay