バスシミュレーションの概要

今日では、車両におけるECU通信の情報バックボーンはさまざまなバスシステムで形成されています。運転支援機能から高度かつ完全な自動運転への移行に際し、ネットワークインフラストラクチャの重要性は大幅に増す見込みです。すでに今日の車両では、10,000を超えるさまざまな情報信号が最大100個ものECU間でやり取りされています。これらの信号の一部は、CAN、FlexRay、LINなどの実績のあるバスシステムにより分散されます。ただし、これらはCAN FDや特にEthernetによって補完されており、これにより増大する要件に対応しています。

ノードあたりのデータレートおよび実装コストはバスシステムやネットワーク通信に応じて異なるため、ユーザは使用するシステムの徹底的な検討が必要になります。

各種車載ネットワークの比較

バスおよびネットワークポートはECUの主要なインターフェースであるため、バスシミュレーションなしでECU機能の妥当性を確認することはほぼ不可能です。すべての必要なECUを入手できない状況でECUネットワークをテストすることを、レストバスシミュレーションと呼ばれます。この場合、バスの不足ノードをシミュレータがエミュレートします。

dSPACEは、開発およびテストプロセス全体を通して極めて容易かつ効率的にレストバスシミュレーションを実行できるようにするための専用のハードウェアおよびソフトウェアを取り揃えております。

たとえば、dSPACEのHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレータであるSCALEXIOでは、複雑なモデルやバスをリアルタイムの条件下でシミュレートすることができます。この高性能dSPACEプラットフォームでは、多数のバスおよびネットワークインターフェースが利用可能です。

より早期の開発段階では、dSPACE VEOSを使用してPCベースのシミュレーションプラットフォームを提供することが可能であり、通信を含むECUソフトウェアの妥当性確認を行うことができます。ソフトウェアの品質は、これらの早期の段階でのテストを通じて向上するため、HILテストの効率改善につながります。

その他の情報

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き