バスおよびネットワーク

バスおよびネットワークは、メカトロニクスシステムの開発プロセスに不可欠な要素です。たとえば、Ethernetがなければ、完全な自動運転車両の実現は不可能です。そのため、dSPACEでは、ネットワークをシミュレートおよび解析し、その妥当性を確認するための総合的かつ完全なツールチェーンを提供しています。

dSPACEポートフォリオには、車両内やラボ内で使用できるリアルタイムシミュレーションツールやハードウェアだけでなく、完全にソフトウェアベースのバスシミュレーション機能も含まれています。また、航空宇宙産業や工業分野向けの要件もサポートしています。その他の用途やプロジェクトに対応するソリューションが必要な場合は、dSPACEにお問い合わせください。

バスおよびネットワークのシミュレーション

dSPACEでは、バスおよびネットワークのシミュレーションタスク向けに、CAN、CAN FD、LIN、Ethernet、FlexRayといったすべての一般的な車載バスシステム向けの標準化されたソリューションを提供しています。この総合的なハードウェアおよびソフトウェアポートフォリオは、ラピッドコントロールプロトタイピングやHIL(Hardware-in-the-Loop)およびSIL(Software-in-the-Loop)シミュレーションなど、幅広い適用分野をサポートしています。

各種のシミュレーションプラットフォームはバスやネットワークシステムのテストに対応しており、広帯域幅の要件から車載時のサイズ制限に至るまで、個別のプロジェクトニーズに合わせて設計することができます。dSPACEでは、お客様が自身のネットワークをシミュレーションプラットフォームに接続できるようにするため、標準化されたソリューションだけでなく、複数のバスシステムを追加した航空宇宙産業および工業用アプリケーション向けの個別のソリューションも提供しています。ARINC 429、ARINC 664、MIL-STD-1553、Profibus、およびEtherCATなどの規格がサポートされています。

ソフトウェアについては、バスシミュレーション設定の主要ツールであるdSPACE Bus Managerが備えられています。Bus Managerは、完全にソフトウェアベースのネットワークシミュレーションだけでなく、ハードウェアベースのリアルタイムシミュレーションもサポートします。設定プロセスをスムーズかつ快適に行えるようにするため、このツールにはエンドトゥエンド保護、セキュアオンボード通信、グローバル時間同期などの重要な機能が統合されています。Bus Managerは、dSPACE ConfigurationDeskのアドオンです。こうした統合のおかげで、バスの構成と同じソフトウェア環境で、入出力チャンネルなどのリアルタイムハードウェアコンポーネントを設定することが可能です。

バスおよびネットワークのロギングとリプレイ

dSPACEでは、どのような要件が求められる場合でも、最適なシステムを提供します。

  • AUTERAは、広いデータ帯域幅が必要な用途向けのソリューションです。この車載データロギングおよびプロトタイピングシステムでは、クラス最高の帯域幅により、LiDAR、レーダー、カメラセンサからのデータだけでなく、他の車載バスやネットワークから得られる生のネットワークデータも読み取って処理し、記録することができます。
  • また、SCALEXIOが稼働していれば、ハードウェアを追加することなく、CAN、LIN、またはEthernetシステムのインターフェースに直接アクセスできます。このため、コストのかかる複雑なテストセットアップを行うことなく、容易に信号を分析できます。
  • シミュレーションをソフトウェアベースで実行している場合は、dSPACE VEOSなどを使用してネットワークインターフェースに直接アクセスすることもできます。
  • PCとECUを直接接続する場合は、CAN、LIN、K-Lineなどの各種バスプロトコル専用のコンバータを使用します。これらのコンバータ(DCI-KLine1、DCI-CAN/LIN1、DCI-CAN2)を使用すれば、リアルタイムシステムがない場合でも信号を分析できます。
  • 車載用途の場合は、MicroAutoBox IIIをバスおよびネットワークゲートウェイとしてモニタリングを行うことができます。MicroAutoBox IIIは、車載機能プロトタイピングをすばやく実行するための強力なリアルタイムシステムです。このシステムは電子制御ユニット(ECU)と併用したり、またはECUに置き換えて使用することができ、実際の環境における制御機能の確認やテストが可能です。

すべてのシステムは、完全かつ一貫性のあるツールチェーンの一部として機能します。たとえば、多くのdSPACEプラットフォーム上では、バスシミュレーションコンテナを用いることにより、バス設定を環境モデルと組み合わせて再利用することができるため、バスインターフェースの調整が不要です。

バスおよびネットワークの解析

dSPACEでは、通信記述ファイルの解析などの特殊なタスク向けに、Communication Matrix Managerという専用のソリューションを提供しています。

Communication Matrix Managerは、直感的にすばやく、かつ低価格で通信マトリクスを処理するためのスタンドアロンソフトウェアです。通信規格については、Ethernet、FlexRay、CAN、およびLINをサポートしています。このソフトウェアは、コンテンツを従来の通信マトリクス形式(AUTOSAR、FIBEX、DBC、LDF)でグラフィカルに再現できます。表示は通信マトリクスから独立しており、さまざまなエレメントの階層ビュー、エレメントのプロパティ、フィルタ、および専用のビューが含まれています。また、クラスタ、チャンネル、ECU、PDUなど、複数の通信マトリクスから得られるさまざまな通信マトリクスエレメントのプロパティを容易に比較できるため、相違をすばやく直感的に検出できます。さらに、変更の検出や整合性チェックも容易に行えます。

Bus Manager

dSPACE Bus Managerは、レストバスシミュレーションなどのシミュレーション用にバス通信を設定したり、SCALEXIO、MicroAutoBox III、VEOSなどのdSPACEシステムのバス通信をセットアップしたりするための強力なツールです。

Communication Matrix Manager

The Communication Matrix Manager is a stand-alone software for handling communication matrices. It visualizes the modeled communication in a manageable way.

Ethernet Configuration Package

dSPACE Ethernet Configuration Packageを使用すると、dSPACEシステムをサービス指向型Ethernetネットワークのシミュレーションノードとして設定することができます。

dSPACE FlexRay Configuration Package

dSPACE FlexRay Configuration Packageは、dSPACEハードウェアをFlexRayネットワークのシミュレーションノードとして統合するために使用します。

SCALEXIO

モジュール型のdSPACE SCALEXIOシステムは、HIL(Hardware-in-the-Loop)およびRCP(ラピッドコントロールプロトタイピング)アプリケーションに使用することができます。このシステムは拡張性が極めて高く、厳しい用途に対応する高性能なプロセッサテクノロジと、総合的で高精度な高速I/O機能を提供しています。

AUTERA

AUTERAは、自動運転および運転支援分野でのデータドリブン開発向けに設計されたdSPACE製品ファミリです。その中心となるのは、モジュール型で卓越した性能を持った、堅牢な車載データロギングおよびプロトタイピングシステムであるAUTERA AutoBoxです。AUTERA AutoBoxは、LiDAR、レーダー、カメラセンサからのデータだけでなく、車載バスやネットワークから得られる生データも読み取って処理し記録することが可能な、クラス最高の帯域幅を備えています。

MicroAutoBox III

MicroAutoBox IIIは、車載機能プロトタイピングをすばやく実行するための小型かつ堅牢な車載プロトタイピングリアルタイムシステムです。

ECUインターフェース処理概要

ECUアプリケーションのバイパス処理、制御ロジック開発、およびホワイトボックステストに使用できるツールと手法。

その他の情報 使用事例

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き