For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

使用事例:TargetLinkとSystemDesk

ユーザの介入をほとんど必要としない高速で信頼性の高いAUTOSARラウンドトリップ

SystemDeskとTargetLinkのSWCコンテナの交換に基づくAUTOSARソフトウェアの開発

TargetLinkとSystemDeskは、AUTOSAR準拠ソフトウェアの開発に最適な組み合わせです。この2つのツールは、ARXMLファイルだけでなく、インプリメンテーションソースファイル、A2Lファイル、およびその他の有用なメタ情報を含むSWCコンテナを相互に交換します。これは、最小限のユーザ操作でAUTOSARラウンドトリップが実行できる分かりやすく、信頼性の高い方法です。さらに、TargetLinkユーザは、異なる開発段階においても、決まったインターフェースを使用して複雑なシステムの一部であるTargetLinkコンポーネントの動作を開発の早い時点で評価しテストを行うために、SystemDeskのバーチャルECU(V-ECU)生成およびVEOSのシミュレーション機能に簡単にアクセスすることができます。

TargetLinkユーザの主なメリット:

  • SWCコンテナに基づく安全性および利便性の高いデータ交換
  • ユーザの介入を最小限に抑えた高速かつ信頼性の高いAUTOSARラウンドトリップ
  • 利便性の高いV-ECU生成により、開発の早期段階でVEOSを使用したSWCのテストが可能

製品情報