For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

SystemDeskなどのdSPACEソフトウェアは、dSPACE VEOSを使用した早期のテストのためにAUTOSAR Adaptive Platformに準拠したバーチャルECUの開発と生成をサポートします。

サービス指向アーキテクチャ

AUTOSAR Adaptive Platformは、サービス指向ソフトウェアアーキテクチャの要件を念頭に開発されており、柔軟性が重視されています。そのため、リリース後も調整できる柔軟な構成のECUソフトウェアを設計することができます。自動運転などの新しいアプリケーション分野に最適です。

技術詳細

このアーキテクチャの主な構成要素は、AUTOSAR Runtime for Adaptive Applications(ARA)です。ARAは、実際のアダプティブアプリケーションを実行する場合に必要なサービスを提供します。

アダプティブアプリケーションとの通信およびデータのやり取りにはEthernetを使用します。Ethernetの設定は、仲介サービスを通じて、必要に応じて行うことができます。

主な利点

AUTOSAR Adaptive Platformのソフトウェア構造と要件ベースの通信設定により、ECUを車両に搭載した後のソフトウェア更新が可能になります。さらに、Adaptive Platformは広帯域幅の通信が可能であるため、自動運転機能など、多くのリソースを必要とするアプリケーションにも最適です。

dSPACEツールチェーンでは、従来のAUTOSARベースのバーチャルECUの開発、生成、およびテストをサポートしています。

組込みリアルタイムシステム

AUTOSAR Classic Platform規格は、組込みシステム向けのECUソフトウェアアーキテクチャに重点を置いています。ECUソフトウェアは固有のハードウェアプラットフォーム用にあらかじめ設定されており、必要な計算処理能力は極わずかです。

技術詳細

AUTOSAR Classic PlatformベースのECUソフトウェアでは、ソフトウェア機能がソフトウェアコンポーネント(SWC)として実装されます。SWCはランタイム環境(RTE)を介してハードウェア指向のタスクのためにベーシックソフトウェアコンポーネントに接続されます。RTEを使用すると、以前に開発およびテストしたSWCを車両プロジェクトやバリアントで再利用できるため、初期の段階からソフトウェアの品質が向上します。ECU間でのデータのやり取りは、CANやFlexRayなどの一般的な車載バスシステムなどを介して、シグナルベースの通信用に最適化されます。

主な利点

AUTOSAR Classic Platform規格には、アプリケーション機能およびベーシックソフトウェアモジュール間のインターフェース仕様が含まれています。これらの仕様では、ソフトウェアコンポーネントとしてのさまざまな機能を個別に開発することをサポートします。これらにより、機能を組み合わせて1つのECUを作成する作業、および複数のECUを統合する作業が単純化されます。また、既に妥当性を確認した機能を再利用できるため、ソフトウェアコンポーネントの交換や再利用も容易になります。これにより、開発とテストの工数が削減されます。

その他の情報 サポート