Modern, environmentally friendly energy concepts are based on distributed renewable energy and local production sites as energy suppliers. In addition, smart houses with various renewable energy installations and bidirectional vehicles are becoming important contributors to modern power grids. Due to fluctuations in energy supply and demand, these grids must be very flexible and require intelligent subsystems for energy distribution and storage.

Whether you are developing any kind of grid-connected inverter, vehicle-to-grid (V2G) systems, wind solar, or battery control systems (primary control), microgrid management systems (secondary control), or tertiary control systems interfacing the main power grid, we offer comprehensive support in designing, prototyping, implementing, and testing your systems.

Microgrids for Mobile Applications

Aircraft, ships, and trains host a range of generators, storage systems, and energy consumers. Their onboard power systems include various hardware and software for control and communication. You can rely on our full support when developing and testing these mobile microgrids.

Challenges
Smart grids include various subsystems for energy generation, storage, transmission, and consumption. A central control unit monitors the overall energy system to balance power fluctuations and match energy supply and consumption. This increases efficiency, saves resources, reduces emissions, and ensures an adequate energy supply at all times.

Challenges

A new, highly flexible distribution infrastructure and smart control units are needed to make our power grids ready for the future. New devices such as solid-state transformers, controllable local grid transformers, and stationary batteries can help ensure a stable energy supply, but they also have to be controlled. Therefore, all system components for power generation, consumption, and storage must be connected to a central control unit (SCADA system). This will help meet the various challenges our power grids are facing:

  • Fluctuations in energy generation throughout the day
  • Distributed power generation and its combination with existing power grids
  • Conversion of direct current (DC), usually generated by solar and battery systems, to alternating current (AC)
  • Smart houses that can be energy consumers and providers at the same time

dSPACE Solutions for Power Grids

dSPACE offers a wide range of products for developing and testing smart grid controllers. Our portfolio covers all required test cases, both for signal-level and power-level testing.

For hardware-in-the-loop controller testing and real-time simulations, our SCALEXIO systems are ideal to fully test various renewable-energy inverters, V2G systems, and any system for primary, secondary, and tertiary control. All parts of the power grid can be simulated on the basis of your requirements. For this, you can use our Electrical Power Systems Simulation (EPSS) Package in combination with Simscape Electrical™ and our broad portfolio of ready-to-use motor and power electronics libraries.

For power-level testing, our simulation environment can be easily combined with power grid emulators, such as our power HIL systems, to test the complete functionality at full power.

Highlights
  • Powerful prototyping systems for any kind of control system
  • Ready-to-use models for environment, motor, and power electronics
  • Topology-based power grid and power electronics simulation
シミュレーションモデリング
リアルタイム数学モデル

リアルタイム数学モデル

シミュレーションモデリングを用いて物理的なシステムのデジタルツインを作成すると、実際の環境のあらゆる状況下でその挙動を予測することができます。

シミュレーションモデリングの詳細
ラピッドプロトタイピング
自動運転からゼロエミッションに至るまで、幅広い機能を開発

自動運転からゼロエミッションに至るまで、幅広い機能を開発

dSPACEのスケーラブルかつ総合的なプロトタイピングシステムを使用すると、メカトロニクスの制御設計やデータドリブン開発におけるお客様のアイデアを具現化することができます。

ラピッドプロトタイピングの詳細
量産ソフトウェア開発
量産ソフトウェア開発の最適化

量産ソフトウェア開発の最適化

量産ソフトウェア開発においては、RAMリソースの最適化、実行時間、システム全体への統合などが中心的な課題になります。また、定期的なアップデートに向けて、ソフトウェアを分割できるようにすることも必要です。さらに、最終的なソフトウェアのリリース前には、特別な妥当性確認や、多くの場合はリリースプロセスも必要になります。

量産ソフトウェア開発の詳細
SILテスト
SIL(Software-in-the-Loop)テストでは、PCおよびクラウドベースのシミュレーション用の強力なdSPACEソリューションを使用します。

SIL(Software-in-the-Loop)テストでは、PCおよびクラウドベースのシミュレーション用の強力なdSPACEソリューションを使用します。

SIL(Software-in-the-Loop)テスト用のdSPACEソリューションでは、テストや妥当性確認を仮想環境で行うことにより、ソフトウェア開発プロセスを大幅に迅速化することができます。dSPACEは、モジュール型で拡張性に優れ完成された開発およびテストソリューションを提供しています。これを使用すれば、PC上でテスト対象デバイスを容易にシミュレートし、物理ベースモデルに接続し、クラウドでスケーラブルなテストを実行し、さらにはHIL(Hardware-in-the-Loop)システムでテストスクリプトを容易に再利用することができます。

SILテストの詳細
HILテスト
ECU妥当性確認における中心的なテスト手法

ECU妥当性確認における中心的なテスト手法

dSPACE HILテストシステムは、実際のECUをラボで休みなく効率的に妥当性確認したりそれを後で再現したりするためのシミュレーション環境を提供します。これにより、テストカバレッジが向上し、妥当性確認の期間が大幅に短縮されます。当社のHILソリューションは、自動運転からゼロエミッションに至るまで、車両の全領域をカバーしており、コンポーネントからバーチャルビークルまでのあらゆるテストに対応しています。

HILテストの詳細
パワーHILテスト
HILとダイナモメータテストの間のギャップを縮小

HILとダイナモメータテストの間のギャップを縮小

当社は、コントローラやパワーエレクトロニクスなどのあらゆるインバータをフルパワーでテストできる既製のパワーHILシステムソリューションを提供しています。当社のシステムを使用すれば、実際の電圧や電流を用いて要件が非常に厳しいテストを完了することができます。これらのシステムは実際のシステムのデジタルツインとして動作します。また、各種の設定も簡単なマウス操作で行えるため、セットアップ時間の大幅な短縮が可能です。

パワーHILテストの詳細
バスおよびネットワーク通信
シミュレーション、ロギング、リプレイ、および解析

シミュレーション、ロギング、リプレイ、および解析

dSPACEでは、シミュレーション、解析、および妥当性確認のための総合的かつ完全なツールチェーンの提供により、さまざまなバスシステムやアプリケーションをサポートしています。また、すぐに使える製品とユーザ固有のソリューションによって、お客様の開発プロセスをサポートします。

バスおよびネットワーク通信の詳細
テストデータ管理
データ管理および連携用ソフトウェアにより、ECUテストを自動化

データ管理および連携用ソフトウェアにより、ECUテストを自動化

SYNECTは、ECUソフトウェアの検証や妥当性確認を自動かつ効率的に行える当社のソリューションです。これにより、世界中のエンジニアが開発プロセス全体を通じてすべてのテストパラメータやその依存関係、バージョンおよびバリアント、基本的な要件を処理することができます。

これにより、認証プロセスで必要なデータバージョンの一貫性やトレーサビリティの完全性を確保し、他のプロジェクトでデータを効率的に再利用できるようになります。

テストデータ管理の詳細

興味をお持ちの方は是非ご連絡ください:

コンサルティングおよびエンジニアリングサービス

すべての開発段階をサポート

すべての開発段階をサポート

自動運転の分野において、これまで以上にセーフティクリティカルな機能を備えた複雑なE/Eシステムやソフトウェアを開発する場合に課題となるのは、機能の信頼性をどのようにして保証するかということです。そのため、dSPACEでは、機能安全、テスト方式の開発、および複雑なE/Eプロセスの検証と妥当性確認のためのエンドトゥエンドのソリューションを提供し、プロジェクトの初期段階から認証までをサポートしています。

dSPACEシステムは容易に稼働させることができます。しかし、プロジェクトが複雑な場合、個別のソリューションを必要とする場合、または十分な時間がない場合には、dSPACEの迅速で信頼性の高い優れたエンジニアリングサービスを利用することもできます。

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き