当社のソリューションを使用すると、あらゆるパワーエレクトロニクスコンポーネントの開発と妥当性確認をすばやく行うことができます。特に、各種のソースや負荷にさまざまな電圧で接続する必要がある車載アプリケーションに有用です。このような場合、極めて効率的な充電プロセス向けコンバータ(超高速(200kHz超)のパワーエレクトロニクスを使用するAC/DCコンバータ)や車載電源管理コンバータ(DC/DCコンバータ)が利用されます。このようなコンバータ制御は、車両アーキテクチャによっては充電コントローラやモーターコントローラに統合することも可能です。同様の変換は、車載コンポーネントだけでなく、あらゆるパワーエレクトロニクス形式でも可能です。

Challenges

Challenges

Since the various electric systems of an electric vehicle operate at different voltage levels, intelligently-controlled power electronics components, guarantee an efficient energy transfer. This applies to all different types of electric vehicles such as plug-in hybrid electric vehicles (PHEV), battery electric vehicles (BEV), hybrid electric vehicles (HEV), and fuel cell vehicles (FCV).

  • While DC charging of PHEV and BEV, the electric energy flows directly from the charging station to the highvoltage vehicle battery. In case of AC charging, the AC/DC conversion is performed via the vehicle onboard charger which is connected to the high-voltage battery. In addition, DC/DC converters are used to generate the energy for lower voltage levels (12 V and 48 V).
  • In FCV, the DC voltage provided by the fuel cell also must be converted.
  • In mild HEV, the highvoltage level is usually 48 V. Bidirectional DC/DC converters are used to interconnect the 12V and 48V board net.

Reduction of size and weight as well as increasing efficiency are major challenges of converter development.

Our Solutions for Power Management

dSPACE offers a wide range of solutions for developing and testing control algorithms and power electronics throughout the entire range of electric vehicle components.

Starting from simple DC/DC converters up to complex power management units connecting several energy sources (onboard charger, high-voltage battery, low-voltage batteries), dSPACE brings your ideas to life.

In addition to our product portfolio, custom-specific functions and implementations are available on request.

ラピッドプロトタイピング
自動運転からゼロエミッションに至るまで、幅広い機能を開発

自動運転からゼロエミッションに至るまで、幅広い機能を開発

dSPACEのスケーラブルかつ総合的なプロトタイピングシステムを使用すると、メカトロニクスの制御設計やデータドリブン開発におけるお客様のアイデアを具現化することができます。

ラピッドプロトタイピングの詳細
HILテスト
ECU妥当性確認における中心的なテスト手法

ECU妥当性確認における中心的なテスト手法

dSPACE HILテストシステムは、実際のECUをラボで休みなく効率的に妥当性確認したりそれを後で再現したりするためのシミュレーション環境を提供します。これにより、テストカバレッジが向上し、妥当性確認の期間が大幅に短縮されます。当社のHILソリューションは、自動運転からゼロエミッションに至るまで、車両の全領域をカバーしており、コンポーネントからバーチャルビークルまでのあらゆるテストに対応しています。

HILテストの詳細
パワーHILテスト
HILとダイナモメータテストの間のギャップを縮小

HILとダイナモメータテストの間のギャップを縮小

当社は、コントローラやパワーエレクトロニクスなどのあらゆるインバータをフルパワーでテストできる既製のパワーHILシステムソリューションを提供しています。当社のシステムを使用すれば、実際の電圧や電流を用いて要件が非常に厳しいテストを完了することができます。これらのシステムは実際のシステムのデジタルツインとして動作します。また、各種の設定も簡単なマウス操作で行えるため、セットアップ時間の大幅な短縮が可能です。

パワーHILテストの詳細
SILテスト
SIL(Software-in-the-Loop)テストでは、PCおよびクラウドベースのシミュレーション用の強力なdSPACEソリューションを使用します。

SIL(Software-in-the-Loop)テストでは、PCおよびクラウドベースのシミュレーション用の強力なdSPACEソリューションを使用します。

SIL(Software-in-the-Loop)テスト用のdSPACEソリューションでは、テストや妥当性確認を仮想環境で行うことにより、ソフトウェア開発プロセスを大幅に迅速化することができます。dSPACEは、モジュール型で拡張性に優れ完成された開発およびテストソリューションを提供しています。これを使用すれば、PC上でテスト対象デバイスを容易にシミュレートし、物理ベースモデルに接続し、クラウドでスケーラブルなテストを実行し、さらにはHIL(Hardware-in-the-Loop)システムでテストスクリプトを容易に再利用することができます。

SILテストの詳細
バスおよびネットワーク通信
シミュレーション、ロギング、リプレイ、および解析

シミュレーション、ロギング、リプレイ、および解析

dSPACEでは、シミュレーション、解析、および妥当性確認のための総合的かつ完全なツールチェーンの提供により、さまざまなバスシステムやアプリケーションをサポートしています。また、すぐに使える製品とユーザ固有のソリューションによって、お客様の開発プロセスをサポートします。

バスおよびネットワーク通信の詳細
テストデータ管理
データ管理および連携用ソフトウェアにより、ECUテストを自動化

データ管理および連携用ソフトウェアにより、ECUテストを自動化

SYNECTは、ECUソフトウェアの検証や妥当性確認を自動かつ効率的に行える当社のソリューションです。これにより、世界中のエンジニアが開発プロセス全体を通じてすべてのテストパラメータやその依存関係、バージョンおよびバリアント、基本的な要件を処理することができます。

これにより、認証プロセスで必要なデータバージョンの一貫性やトレーサビリティの完全性を確保し、他のプロジェクトでデータを効率的に再利用できるようになります。

テストデータ管理の詳細
EOLテスト
製品ごとの品質検査

製品ごとの品質検査

製品出荷前に動作性や適合性を自動的に確認して、各種のサポート対応や保証請求の発生を回避します。

EOL(End-of-Line)テスト
量産ソフトウェア開発
量産ソフトウェア開発の最適化

量産ソフトウェア開発の最適化

量産ソフトウェア開発においては、RAMリソースの最適化、実行時間、システム全体への統合などが中心的な課題になります。また、定期的なアップデートに向けて、ソフトウェアを分割できるようにすることも必要です。さらに、最終的なソフトウェアのリリース前には、特別な妥当性確認や、多くの場合はリリースプロセスも必要になります。

量産ソフトウェア開発の詳細
シミュレーションモデリング
リアルタイム数学モデル

リアルタイム数学モデル

シミュレーションモデリングを用いて物理的なシステムのデジタルツインを作成すると、実際の環境のあらゆる状況下でその挙動を予測することができます。

シミュレーションモデリングの詳細

興味をお持ちの方は是非ご連絡ください:

コンサルティングおよびエンジニアリングサービス

すべての開発段階をサポート

すべての開発段階をサポート

自動運転の分野において、これまで以上にセーフティクリティカルな機能を備えた複雑なE/Eシステムやソフトウェアを開発する場合に課題となるのは、機能の信頼性をどのようにして保証するかということです。そのため、dSPACEでは、機能安全、テスト方式の開発、および複雑なE/Eプロセスの検証と妥当性確認のためのエンドトゥエンドのソリューションを提供し、プロジェクトの初期段階から認証までをサポートしています。

dSPACEシステムは容易に稼働させることができます。しかし、プロジェクトが複雑な場合、個別のソリューションを必要とする場合、または十分な時間がない場合には、dSPACEの迅速で信頼性の高い優れたエンジニアリングサービスを利用することもできます。

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き