Charging speed is a top concern when developing new charging technologies. In a smart charging system, electric vehicles, charging stations, and charging operators share data in real-time. Therefore, the smart system knows how much power is required and available for a given time period. This optimizes the use of energy supplies, avoids overloading of the system, and accelerates the charging speed. On the one hand, the communication needed is completely standardized, on the other hand, each party and participant has its own implementation that needs to interact perfectly for successful customer experience.

  • Best-in-class HIL testing solution for charging systems
  • Support of all charging communication standards
  • Seamless integration into the vehicle validation process
Challenge: Seamless Communication
dSPACE supports all common charging standards, including ISO 15118-specific features like TLS encryption and plug-and-charge.

Challenge: Seamless Communication

To achieve seamless communication between the EV and the charging stations, several standards, such as DIN, ISO 15118, CHAdeMO, GB/T, and ChaoJi must be considered when introducing onboard chargers and fast charging systems for electric vehicles worldwide. These standards are used in different regions as the main charging communication. Therefore, the vehicles have to be able to use them for fast charging. Because, these standards bring their own test catalogues for conformance testing, they lead to high efforts during the development process. And still, they still do not guarantee full interoperability and even more tests are needed.

In addition to the communication challenges, a large amount of power electronics is involved in the energy transfer. This leads to additional efforts regarding safety and robustness of the charging process, since we are dealing with high voltages, high currents, and high power.

dSPACEの充電システム向けソリューション

当社では、純粋な通信テストをはじめとする総合的なソリューションポートフォリオを提供し、それらをあらかじめ定義された各種テストライブラリによって拡張することで、充電プロセスに必要なテクノロジの開発やテストに対応できるようにしています。これらのテストは、VEOSベースのSIL(Software-in-the-Loop)テストを用いることで、最終的なEVCCの入手以前でも実行することができます。当社はさらに、実際の電気自動車の充電用に極めて柔軟なDCおよびAC出力電圧を備え、出力レベルもカスタマイズできるすぐに使用可能な充電ステーションを提供しています。

HILテスト
ECU妥当性確認における中心的なテスト手法

ECU妥当性確認における中心的なテスト手法

dSPACE HILテストシステムは、実際のECUをラボで休みなく効率的に妥当性確認したりそれを後で再現したりするためのシミュレーション環境を提供します。これにより、テストカバレッジが向上し、妥当性確認の期間が大幅に短縮されます。当社のHILソリューションは、自動運転からゼロエミッションに至るまで、車両の全領域をカバーしており、コンポーネントからバーチャルビークルまでのあらゆるテストに対応しています。

HILテストの詳細
パワーHILテスト
HILとダイナモメータテストの間のギャップを縮小

HILとダイナモメータテストの間のギャップを縮小

当社は、コントローラやパワーエレクトロニクスなどのあらゆるインバータをフルパワーでテストできる既製のパワーHILシステムソリューションを提供しています。当社のシステムを使用すれば、実際の電圧や電流を用いて要件が非常に厳しいテストを完了することができます。これらのシステムは実際のシステムのデジタルツインとして動作します。また、各種の設定も簡単なマウス操作で行えるため、セットアップ時間の大幅な短縮が可能です。

パワーHILテストの詳細
バスおよびネットワーク通信
シミュレーション、ロギング、リプレイ、および解析

シミュレーション、ロギング、リプレイ、および解析

dSPACEでは、シミュレーション、解析、および妥当性確認のための総合的かつ完全なツールチェーンの提供により、さまざまなバスシステムやアプリケーションをサポートしています。また、すぐに使える製品とユーザ固有のソリューションによって、お客様の開発プロセスをサポートします。

バスおよびネットワーク通信の詳細
SILテスト
SIL(Software-in-the-Loop)テストでは、PCおよびクラウドベースのシミュレーション用の強力なdSPACEソリューションを使用します。

SIL(Software-in-the-Loop)テストでは、PCおよびクラウドベースのシミュレーション用の強力なdSPACEソリューションを使用します。

SIL(Software-in-the-Loop)テスト用のdSPACEソリューションでは、テストや妥当性確認を仮想環境で行うことにより、ソフトウェア開発プロセスを大幅に迅速化することができます。dSPACEは、モジュール型で拡張性に優れ完成された開発およびテストソリューションを提供しています。これを使用すれば、PC上でテスト対象デバイスを容易にシミュレートし、物理ベースモデルに接続し、クラウドでスケーラブルなテストを実行し、さらにはHIL(Hardware-in-the-Loop)システムでテストスクリプトを容易に再利用することができます。

SILテストの詳細
EOLテスト
製品ごとの品質検査

製品ごとの品質検査

製品出荷前に動作性や適合性を自動的に確認して、各種のサポート対応や保証請求の発生を回避します。

EOL(End-of-Line)テスト
テストデータ管理
データ管理および連携用ソフトウェアにより、ECUテストを自動化

データ管理および連携用ソフトウェアにより、ECUテストを自動化

SYNECTは、ECUソフトウェアの検証や妥当性確認を自動かつ効率的に行える当社のソリューションです。これにより、世界中のエンジニアが開発プロセス全体を通じてすべてのテストパラメータやその依存関係、バージョンおよびバリアント、基本的な要件を処理することができます。

これにより、認証プロセスで必要なデータバージョンの一貫性やトレーサビリティの完全性を確保し、他のプロジェクトでデータを効率的に再利用できるようになります。

テストデータ管理の詳細
量産ソフトウェア開発
量産ソフトウェア開発の最適化

量産ソフトウェア開発の最適化

量産ソフトウェア開発においては、RAMリソースの最適化、実行時間、システム全体への統合などが中心的な課題になります。また、定期的なアップデートに向けて、ソフトウェアを分割できるようにすることも必要です。さらに、最終的なソフトウェアのリリース前には、特別な妥当性確認や、多くの場合はリリースプロセスも必要になります。

量産ソフトウェア開発の詳細
シミュレーションモデリング
リアルタイム数学モデル

リアルタイム数学モデル

シミュレーションモデリングを用いて物理的なシステムのデジタルツインを作成すると、実際の環境のあらゆる状況下でその挙動を予測することができます。

シミュレーションモデリングの詳細

This sounds interesting. Get in touch:

コンサルティングおよびエンジニアリングサービス

すべての開発段階をサポート

すべての開発段階をサポート

自動運転の分野において、これまで以上にセーフティクリティカルな機能を備えた複雑なE/Eシステムやソフトウェアを開発する場合に課題となるのは、機能の信頼性をどのようにして保証するかということです。そのため、dSPACEでは、機能安全、テスト方式の開発、および複雑なE/Eプロセスの検証と妥当性確認のためのエンドトゥエンドのソリューションを提供し、プロジェクトの初期段階から認証までをサポートしています。

dSPACEシステムは容易に稼働させることができます。しかし、プロジェクトが複雑な場合、個別のソリューションを必要とする場合、または十分な時間がない場合には、dSPACEの迅速で信頼性の高い優れたエンジニアリングサービスを利用することもできます。

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き