航空宇宙産業は現在、より環境に優しく、より持続可能で、より安全な輸送に向けて、かつてないほどの変革の中にいます。航空機のさらなる電動化や電気および水素燃料電池での駆動、そして高度に自動化された航空輸送または自律型航空輸送といった技術トレンドは、この業界の過去数十年における最も重要な変化だと言えます。それと同時に、このような新しい分野は既存のメーカーだけでなく新規参入企業にも新たな機会を提供します。それにより、都市型航空モビリティの用途向けに空飛ぶ自動車やエアタクシーの開発を押し進める企業や、ラストマイル配送サービスや空中緊急時サービスといった新たな用途向けにより優れたドローンなどの無人航空機(UAV)を開発する企業が出現しています。

課題

課題

新型航空機の設計では、Electric Driveや先進的なパワーエレクトロニクスが重要な役割を果たします。そのため、エネルギー源としてバッテリや燃料電池を利用する電動アーキテクチャが期待されています。このような設計の大規模な変更は、設計と実装および妥当性確認と検証を含むさまざまな開発プロセスにおいて新たな課題を生み出します。電流や配線径を制限しつつ増大する電力需要に対応するため、新しい設計コンセプトには高圧直流送電方式のパワーグリッドや極めて効率的なパワーエレクトロニクスが必要となります。動作中の航空機システムの故障による大惨事を回避するには、冗長的なシステムアーキテクチャだけでなく、機能安全の重要度に応じた広範なテストが不可欠です。つまり、ハードウェアのFPGA上に新しい制御方式を実装するだけで高周波数かつ高度に動的なシステムの挙動をサポートすることはできません。これらに対応するテスト環境を構築し、開発プロセスのできるだけ早期の段階で制御ソフトウェアの欠陥を検出することが重要です。

dSPACEの電動飛行向けソリューション

dSPACEでは、航空機の電動化や電動飛行のあらゆる開発段階におけるお客様の課題解決をサポートする幅広いシステムとツールを提供しています。機能開発、HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーション、またはテストベンチでのパワーレベルのテストなど、dSPACEはお客様のあらゆるプラットフォームのニーズに適合するソリューションを用意しています。これにより、お客様はElectric Drive、パワーエレクトロニクス、バッテリマネージメントシステム(BMS)などの重要コンポーネントの開発や、その後のシステム統合テストにかかる時間とコストを大幅に削減することができます。

ラピッドプロトタイピング

自動運転からゼロエミッションに至るまで、幅広い機能を開発

自動運転からゼロエミッションに至るまで、幅広い機能を開発

dSPACEのスケーラブルかつ総合的なプロトタイピングシステムを使用すると、メカトロニクスの制御設計やデータドリブン開発におけるお客様のアイデアを具現化することができます。

ラピッドプロトタイピングの詳細

HILテスト

ECUを検証するための中心的なテスト手法

ECUを検証するための中心的なテスト手法

dSPACE HILテストシステムは、実際のECUをラボにおいて24時間365日体制で、効率的かつ再現可能に検証するためのシミュレーション環境を提供します。これにより、テストカバレッジが向上し、妥当性確認の期間が大幅に短縮されます。当社のHILソリューションは、自動運転からゼロエミッションに至るまで、車両の全領域をカバーしており、コンポーネントからバーチャルビークルまでのあらゆるテストに対応しています。

HILテストの詳細

パワーHILテスト

HILとダイナモメータテストの間のギャップを縮小

HILとダイナモメータテストの間のギャップを縮小

当社は、コントローラやパワーエレクトロニクスなどのあらゆるインバータをフルパワーでテストできる既製のパワーHILシステムソリューションを提供しています。当社のシステムを使用すれば、実際の電圧や電流を用いて要件が非常に厳しいテストを完了することができます。これらのシステムは実際のシステムのデジタルツインとして動作します。また、各種の設定も簡単なマウス操作で行えるため、セットアップ時間の大幅な短縮が可能です。

パワーHILテストの詳細

SILテスト

SIL(Software-in-the-Loop)テスト向け、PCおよびクラウドベースのシミュレーション用の強力なdSPACEソリューション

SIL(Software-in-the-Loop)テスト向け、PCおよびクラウドベースのシミュレーション用の強力なdSPACEソリューション

SIL(Software-in-the-Loop)テスト用のdSPACEソリューションでは、テストや妥当性確認を仮想環境で行うことにより、ソフトウェア開発プロセスを大幅に迅速化することができます。dSPACEは、モジュール型で拡張性に優れ完成された開発およびテストソリューションを提供しています。これを使用すれば、PC上でテスト対象デバイスを容易にシミュレートし、物理ベースのモデルに接続し、クラウドでスケーラブルなテストを実行できると共に、HIL(Hardware-in-the-Loop)システムでテストスクリプトを容易に再利用することができます。

SILテストの詳細

バスおよびネットワーク通信

シミュレーション、ロギング、リプレイ、および解析

シミュレーション、ロギング、リプレイ、および解析

dSPACEでは、さまざまなバスシステムやアプリケーションをサポートすることで、シミュレーション、解析、および妥当性確認のための総合的かつ完全なツールチェーンを提供しています。また、すぐに使える製品とユーザ固有のソリューションによって、お客様の開発プロセスをサポートします。

バスおよびネットワーク通信の詳細

テストデータ管理

データ管理およびコラボレーションソフトウェアにより、ECUテストを自動化

データ管理およびコラボレーションソフトウェアにより、ECUテストを自動化

SYNECTは、ECUソフトウェアの検証や妥当性確認を自動かつ効率的に行える当社のソリューションです。これにより、世界中のエンジニアが開発プロセス全体を通じてすべてのテストパラメータやその依存関係、バージョンおよびバリアント、基本的な要件を処理することができます。

これにより、認証プロセスで必要なデータバージョンの一貫性やトレーサビリティの完全性を確保し、他のプロジェクトでデータを効率的に再利用できるようになります。

テストデータ管理の詳細

メカトロニクステストベンチ

お客様の要件に合わせて最適化したターンキーソリューション

お客様の要件に合わせて最適化したターンキーソリューション

電気インターフェースを使用してアクセスできないECUについては、極めて動的なdSPACEテストベンチを使用することでテストできます。お客様固有の要件に合わせて最適化できるターンキーソリューションを使用すると、テストに最適な機械インターフェースにより、Electric Driveを最も複雑な形で制御し、最高のパフォーマンスを実現することができます。メカトロニクステストベンチでは、24時間365日いつでも実際のコンポーネントを含む仮想テストドライブをリアルタイムに実行することができます。

メカトロニクステストベンチの詳細

量産ソフトウェア開発

量産ソフトウェア開発の最適化

量産ソフトウェア開発の最適化

量産ソフトウェア開発においては、RAMリソースの最適化、実行時間、システム全体への統合などが中心的な課題になります。また、定期的なアップデートに向けて、ソフトウェアを分割できるようにすることも必要です。さらに、最終的なソフトウェアのリリース前には、特別な妥当性確認や、多くの場合はリリースプロセスも必要になります。

量産ソフトウェア開発の詳細

シミュレーションモデリング

リアルタイム数学モデル

リアルタイム数学モデル

シミュレーションモデリングを用いて物理的なシステムのデジタルツインを作成すると、実際の環境のあらゆる状況下でその挙動を予測することができます。

シミュレーションモデリングの詳細
  • Spotlight: Battery Management Systems

  • BMSテストソリューション

    dSPACEのBMSテストソリューションは、あらゆる使用事例に適したクラス最高のバッテリセルエミュレーションとリアルタイムに実行できるバッテリモデルを備えています。

興味をお持ちの方は是非ご連絡ください:

  • 使用例:

  • 幅広いシナリオに対応するソリューション
    幅広いシナリオに対応するソリューション

    dSPACEソリューションを使用すれば、航空宇宙エンジニアはさまざまなアプリケーションの開発課題に対応することができます。

  • 成功事例

  • Diehl Aerospace社:Mobility Transformer

    eVTOL型エアタクシーが飛行における高い安全性を保証し、航空業界の新時代到来を告げようとしていますが、この実現を支えているのがシミュレーションによる妥当性確認です。

  • ZFL社、Sikorsky社:Purely Electric

    dSPACEシステムを使用してZF Luftfahrttechnik(ZFL)社とSikorsky社の新しいローター制御システム(LIBRAS™)からセンサデータを読み込んで処理する方法をご紹介します。

  • ACENTISS社:Electric Take-Off

    完全電動化した自律型航空機の開発

  • シュトゥットガルト大学:e-Genius航空機用ハイブリッド推進システム

    シュトゥットガルト大学で開発および制作された電動航空機である「e-Genius」には、新しいプロジェクトの一環として研究されていた高効率ハイブリッドドライブが搭載されています。

  • Moog Aircraft Group: Electronics Take Off

    現在、航空機アクチュエータアプリケーションは、油圧システムから電動アクチュエータ方式へと移行しつつあります。

  • 動画

  • How to Ensure Battery Safety in Electric Aircraft

    Challenges and testing options for using batteries in electric aircraft.

コンサルティングおよびエンジニアリングサービス

すべての開発段階をサポート

すべての開発段階をサポート

自動運転の分野において、これまで以上にセーフティクリティカルな機能を備えた複雑なE/Eシステムやソフトウェアを開発する場合の課題は、機能の信頼性をどのようにして保証するかということです。そのためdSPACEでは、機能安全、テストストラテジの開発、および複雑なE/Eプロセスの検証と妥当性確認のためのエンドトゥエンドのソリューションを提供し、プロジェクトの初期段階から認証までをサポートしています。

dSPACEシステムは容易に稼働させることができます。しかし、プロジェクトが複雑な場合、個別のソリューションを必要とする場合、または十分な時間がない場合には、dSPACEの迅速で信頼性の高い優れたエンジニアリングサービスを利用することもできます。

  • dSPACEコンサルティング

    すべての開発フェーズとECUソフトウェアの検証のための理想的なプロセスを作成

  • dSPACEエンジニアリングサービス

    すべての開発フェーズを支援

最新の技術開発動向をつかんで、イノベーションを加速。

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き

Enable form call

At this point, an input form from Click Dimensions is integrated. This enables us to process your newsletter subscription. The form is currently hidden due to your privacy settings for our website.

External input form

By activating the input form, you consent to personal data being transmitted to Click Dimensions within the EU, in the USA, Canada or Australia. More on this in our privacy policy.