自動運転車両への安全等級付けは、非常に時間のかかる複雑な作業です。なぜなら、起こり得るトラフィックシナリオはほぼ無限に存在するためです。dSPACEとunderstand.ai社が開発したシミュレーションシナリオ生成ソリューションでは、実車によるテストドライブの記録をシミュレーション環境に移行し、専用のハードウェアおよびソフトウェアで何千というセーフティクリティカルかつ現実的な運転シナリオを簡単にシミュレートできます。

当社のソリューションの特長

当社のソリューションの特長

  • ご使用のテストや妥当性確認の精度を現実世界のシナリオで向上
  • 使用可能な計測データをコスト効率と時間効率の高い形で再利用
  • 現実世界のシナリオを正確かつ一貫性の高い方法によってシミュレーションで再現
  • センサデータに基づいて道路を生成
  • シナリオベースのテスト向けの論理的な再生シナリオを生成
  • AURELIONで現実世界のシナリオを再現(物理ベースのセンサシミュレーション)
  • SIMPHERA用のシナリオを活用(自動運転のシミュレーションおよび妥当性確認向けのシナリオ)
  • OpenSCENARIOおよびOpenDRIVEをサポート

車載センサの生データ、オブジェクトリスト、またはデータセットを用いてシミュレーションシナリオを生成し、現実世界をシミュレートします。

  • お客様の運行設計領域(ODD)に適合する重要なシナリオを用いることで、ご使用のシナリオデータベースを革新的な形で構築することが可能
  • 記録済みのデータを使用してシナリオベーステストを実行し、新たなコーナーケースを発見
  • ご使用のモデルとシミュレーションの妥当性を確認
  • テストドライブで経験済みの重大な状況をシミュレーション内でデバッグ
  • シナリオを継続的に仮想化し、お客様のODDのテストカバレッジを拡張

未知のリスクの低減 – データドリブン開発でシナリオを生成

未知のリスクの低減 – データドリブン開発でシナリオを生成

自動運転機能の認証を通過できるかどうかは、スマートかつ効率的な方法で現実世界のデータを妥当性確認プロセスに統合できるかどうかに大きくかかっています。dSPACEは、シミュレーションおよび妥当性確認分野のパートナーとして、このプロセスのあらゆる段階でデータドリブン開発向けのソリューションを提供しています。

データドリブン開発向けのdSPACEの各種ソリューションを使用すると、実車によるテストドライブから得られた経験を大規模な妥当性確認プロセスでも利用できるようになるため、未知のリスクを継続的に低減して安全性を向上させることができます。

シナリオ生成サービスは、データドリブン開発プロセスの重要な要素であり、運行設計領域のシナリオベーステストやカバレッジ分析といったシミュレーションドリブン認証の基礎となります。

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き