イメージセンサやそれらの制御ユニットといった特殊なコンポーネントやシステムを可能な限り現実に近い条件下でラボでテストするにはどうすればよいでしょうか。そのためには、レーダー、LiDAR、超音波、光波などの物理的な入力変数によって直接センサをスティミュレートする無線(OTA)手法が効果的であることが実証されています。OTAテストには、フロントエンド(レンズ、イメージャ、アンテナ、RF受信機など)から出力信号に至るまで、すべての処理ステージの機能やパフォーマンス全体をテストできるという独自の利点があります。このソリューションの特に魅力的な点は、テスト対象コンポーネントをアプリケーション内で使用する場合とまったく同様に使用でき、介入や変更は一切不要という点です。

当社の無線テストソリューションの特長
  • 極めて現実的なセンサおよびADAS/ADアプリケーションのテスト
  • センサの伝送チャンネル全体の妥当性確認
  • 極めて高速かつ完全なリアルタイムテスト
  • シンプルなテストセットアップ
  • 短時間でのコミッショニング
  • 既存のテスト環境へのシームレスな統合

OTAテストソリューション

dSPACEは、自動運転車両で一般的に使用されているセンサテクノロジに対応した業界で証明済みのOTAソリューションを提供しています。たとえば、センサスティミュレーション向けのソリューションを使用すると、各センサの搬送波に仮想環境のターゲット情報を刻み込み、それらをセンサが検出して評価できるようになります。これらのテストソリューションは、必要に応じて拡大や拡張が可能です。

  • センサの数
  • 各種センサの組み合わせ
  • さまざまなセンサデータを使用したテスト手順

リアルタイムでのテスト

OTAテストは、関連するセンサ単体や、各種のセンサで構成された完全なセンサ装置に対してリアルタイムに実行されます。

カメラセンサテストソリューション

当社では、カメラの検知性能をテストするためのイメージャチップ向け無線スティミュレーションソリューションを提供しています。これらのテストセットアップには、シミュレートされたセンサ環境(複数の車両、歩行者、道路沿いの構造物などのトラフィックシナリオ)を表示するモニターも搭載されており、テストでは作用連鎖全体が考慮されます。個別のセンサや車両全体に適したテスト装置も用意されています。

Camera ECU Testing with Simulated Driving Scenarios
レーダーセンサテストソリューション

dSPACE Automotive Radar Test Systems(DARTS)は、レーダーセンサの無線スティミュレーションにより、作用連鎖全体をテストします。必要な場合は、スティミュレーションに車両のフロントバンパーやシャシの部品を含めることもできます。この手法では、レーダーアンテナやRFユニットからレーダーECUでの処理ステージに至るまで、すべてのソフトウェアおよびハードウェアレイヤーを考慮に入れることができます。また、クローズドループ動作におけるレーダーセンサのテストを行うための動的かつ連続的な角度シミュレーション機能を備えたメカトロニクスレーダーテストベンチといったソリューションも用意されています。

超音波センサテストソリューション

超音波パーキングセンサを使用して車両上で物体の検出状況を直接テストできれば、どれほどすばらしいことでしょうか。言い換えれば、センサを取り外すこともなく、車両や車載バスシステムに変更を加えることもなく、そして特に車両自体も車両の前後にある物体も一切動かすことなく、機能テストを総合的に行えるということです。dSPACEでは、このようなテストシステムである「モバイル超音波センサテストシステム」を提供することができます。

データ挿入からOTAまでの段階的なソリューションポートフォリオ

段階的なソリューションポートフォリオ

OTA手法を補完するためのセンサを追加で挿入できるソリューションポートフォリオも用意されているため、さまざまな開発フェーズで適切にテストを行うことができます。たとえば、フロントエンドまたは処理ステージの後にシミュレートまたは記録したセンサデータを直ちに挿入することなども可能です。これにより、テストデータを再利用し、テストの一貫性を保証することができます。

一貫したテストソリューション:さまざまな処理ステージに対応したスティミュレーションおよび挿入オプション

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き