データドリブン開発は今日、多数の業界で主流のソフトウェア開発手法となっています。機械学習が中心のソフトウェア開発において、新たな時代に呼応する手法だと言えます。人工知能(AI)ベースの機能開発における新たな側面や課題に対応したこの新しい開発手法を活用すれば、より容易、迅速、かつ効率的に開発を行えるようになります。自動車分野では、車両の周囲の複雑な状況を分析する機械学習モデルを用いてADASおよび自動運転機能の開発を行っています。これらのモデルの開発や設定には、実際の環境から得たサンプルのセンサデータが大量に必要となります。そのデータ量は極めて膨大であるため、データの準備には、実に開発のほとんどの時間(とリソース)が費やされています。そのため、開発プロセスにおけるリソース配分が変更されると、それに応じて最適化すべき部分も変化します。つまり、コードの記述よりもデータの準備にコストがかかっており、コストの最適化が必要なのはデータの準備段階となります。データドリブン開発の手法では、こうした焦点の変化に適切に対処できます。

データドリブン開発手法による自動運転車両の開発では、データループが用いられています。これは、路上でのデータ収集、データセンターでの広帯域幅のデータインジェスト、関連する交通状況のデータ解析、データリプレイテストにおけるAIトレーニング、およびラベリングによるグラウンドトゥルース生成というステップで構成されています。

当社のソリューションの特長

  • 機械学習ベースの機能を継続的に開発するための統合型データパイプライン
  • ADASおよび自動運転機能の開発に焦点を置いた手法
  • dSPACEおよびパートナー企業がデータドリブン開発向けのエンドトゥエンドのツールエコシステムを提供
  • AIを応用してコストを削減し、プロセスを簡素化

ソリューションオファー

極めて効率的な開発のためには、インターフェースにボトルネックがないデータパイプラインを用いて継続的なデータフローを実現することが非常に重要です。dSPACEは、スムーズなデータフローを実現するソリューションを提供しています。当社では、主に以下の分野でデータドリブン開発をサポートしています。

データロギング
ADAS/ADデータを短期間かつ低コストで入手

ADAS/ADデータを短期間かつ低コストで入手

実際の交通状況から取得したデータは、安全な自動運転システムを実現するための重要なリソースです。当社の使命は、データロギングシステムによって人工知能アルゴリズムのトレーニングや妥当性確認で生じる新しい形の反復作業に迅速に対応し、データサイクルを可能な限り短縮することです。これを実現するため、当社では車両内データを柔軟に記録したり、取得したデータに意味を与えたり、そのデータを活用してセンサECUの妥当性確認を実施したりするための総合的なソリューションを提供しています。

データロギングの詳細
データアノテーション
自動化機能を備えたクラス最高品質のアノテーションおよび匿名化

自動化機能を備えたクラス最高品質のアノテーションおよび匿名化

ADASおよび自動運転車両システムの開発では、記録したデータ内の膨大な数のオブジェクトや属性にラベルを付け、その後の開発プロセスで使用できるようにする必要があります。このようなアノテーション作業を限られた予算や時間の枠内で実行するには、極めて高レベルの自動化ソリューションが不可欠です。また、記録データ内の顔やナンバープレートを匿名化することは、要件として世界中で求められています。dSPACEでは、グループ企業であるunderstand.ai社と連携して、お客様がこれらの厳しい要件に対応するための最適なソリューションを提供しています。

データアノテーションの詳細
センサデータ管理
効率的なデータ管理ツールを使用すれば、データ量の膨大化を回避できます。

効率的なデータ管理ツールを使用すれば、データ量の膨大化を回避できます。

ADAS/自動運転機能やその他のモビリティアプリケーションのデータドリブン開発において記録データを一元化して保存、検索、フィルタリング、プレビュー、後処理、および分析するには、強力なデータ管理が必要となります。dSPACEのセンサデータ管理向けソリューションを使用すれば、ペタバイト単位の膨大なトラフィックデータの中から希望のデータをすばやく見つけることができます。

センサデータ管理の詳細
シナリオ生成
ご使用のテストや妥当性確認の精度を現実世界のシナリオで向上

ご使用のテストや妥当性確認の精度を現実世界のシナリオで向上

車載センサの生データ、オブジェクトリスト、またはデータセットを用いてシミュレーションシナリオを生成し、現実世界をシミュレートします。

シナリオ生成の詳細
データリプレイ
記録データを使用したADAS/ADコンポーネントの妥当性確認

記録データを使用したADAS/ADコンポーネントの妥当性確認

ADAS/ADシステムの安全性を保証するには、認証やリリースの段階で実際の記録データを使用することが不可欠です。結局のところ、合成されたシミュレーションデータよりも実際のデータの忠実度が高いことに議論の余地はありません。

データリプレイの詳細

興味をお持ちの方は是非ご連絡ください:

最新の技術開発動向をつかんで、イノベーションを加速。

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き

Enable form call

At this point, an input form from Click Dimensions is integrated. This enables us to process your newsletter subscription. The form is currently hidden due to your privacy settings for our website.

External input form

By activating the input form, you consent to personal data being transmitted to Click Dimensions within the EU, in the USA, Canada or Australia. More on this in our privacy policy.