For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

VEOS®

モデルおよびECUネットワーク通信のPCベースのシミュレーション向けプラットフォーム

VEOSは、開発プロセスの早期の段階で電子制御ユニット(ECU)のソフトウェアを検証するためのPCベースのシミュレーションプラットフォームです。VEOSを使用すると、特定のシミュレーションハードウェアに依存することなく、制御モデル、バーチャルECU、バスシステム、プラントモデルなどのさまざまなモデルをシミュレートすることができます。

  • オンラインセミナーの動画:Functional Mockup Interfaceのサポート

    このdSPACEオンラインセミナーでは、dSPACEツールチェーンにおけるFunctional Mockup Interface(FMI)の利点について紹介します。


    詳細

  • 新しい動画:バーチャルECUとConfigurationDesk®との統合

    HILシミュレーションシステムSCALEXIOを使用してバーチャルECUをシミュレートする方法については、こちらを参照してください。


    詳細

  • 新たな仮想検証のデモ動画および使用事例

    仮想テストベンチとしてPCを使用する方法や、バーチャルECUの使用により新機能を検証する方法を確認し、PCベースシミュレーションのテストオートメーションに関する新しい動画を見ることができます。


    詳細

  • 仮想テストドライブによるEuro NCAPテスト

    顧客の期待の高まりとともに、Euro NCAP要件がさらに厳格になり、先進運転支援システムの開発コストの増加が大きな課題となっています。dSPACEはこれに対するソリューションとして、機能開発、仮想検証およびHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーション用の連携されたツールチェーンを提供します。


    詳細

  • 運転支援システムの妥当性確認用の強力なツールチェーン

    最新の運転支援システムの妥当性確認には、シミュレーション、テスト、およびビジュアル表示を行うための統合ツールが不可欠です。開発者には、テストする車両の属性、道路網、交通、および電子制御ユニット(ECU)のモデル化を短時間で簡単に行うことができ、運転操作を現実的にビジュアル表示できるツールが必要です。このような場合に完全に統合されたツールチェーンとして活用できるのが、dSPACEのAutomotive Simulation Models(ASM)、ModelDesk、およびMotionDeskの組み合わせです。


    詳細

適用分野


dSPACE VEOSは、電子制御ユニット(ECU)の開発における仮想検証の需要の増大を促進するための、PCベースのシミュレーションプラットフォームです。VEOSを使用すると、特定のシミュレーションハードウェアに依存することなく、開発の早い段階で、制御モデル、FMU、バーチャルECU(V-ECU)、車両モデルなどのさまざまなモデルをシミュレートすることができます。


マルチモデルシナリオでは、多数のSimulinkやFMIベースのファンクションまたはプラントモデルをVEOSでインポート、接続、および実行することにより、ご使用のアプリケーションの利用範囲を拡大することができます。

主な利用効果

VEOSは標準的なPC上で動作します。機能開発者、ソフトウェア設計者、およびECUテスト担当者は、VEOSを使用することで、プロジェクトの初期段階でさまざまなオプションを利用して仮想検証を行うことができます。


  • 新しい機能をECUソフトウェア全体に統合して、機能間の連携をテストすることができます。
  • 高度なエンジンモデルおよびビークルダイナミクスモデルを備えた仮想テストベンチとして、複雑な制御ストラテジの設計に恒久的に役立てることができます。
  • 複雑な車両および環境モデルをバーチャルECUと統合し、バーチャルビークル全体のシミュレーションとテストを行うことができます。
  • HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーションに備えて、HILシステムから独立した形でPC上でモデルとテストを作成し、セットアップして実行することができます。

dSPACEツールチェーンへの体系的拡張

VEOSは他のdSPACE製品と連動し、開発およびテストプロセス全体に対応した総合的なツールチェーンを提供します。つまり、ラピッドコントロールプロトタイピングやHILシミュレーションで一般的に使用されているツールやモデルを、仮想環境でも使用することができます。同様に、VEOSを使用するPCベースのシミュレーションでHILシミュレーションのレイアウトを再利用することや、逆にHILシミュレーションでPCベースのシミュレーションのレイアウトを再利用することもできます。また、VEOSのオープンインターフェースを利用して、既存のツールに接続して利用することもできます。

Functionality Description
PC-based simulation
  • Simulation of different models, from function models to virtual ECUs, bus systems, and vehicle models
  • No additional hardware needed for simulation
Simulink support
  • Simulation of Simulink function models and Simulink environment models (such as dSPACE ASMs)
  • Support of S-functions, model referencing, multitasking, triggered or enabled subsystems and tunable parameters
  • Simulation of Simulink implementation containers (SICs) generated from Simulink models by the dSPACE Run-Time Target in different projects
FMI support
  • Simulation of Functional Mock-up Units (FMUs) based on the Functional Mock-up Interface (FMI) for Co-Simulation
  • Support of FMI 2.0 functionalities and access/monitor support for all variables and parameters defined by an FMU
TargetLink support
  • Simulation of TargetLink-generated code used in virtual ECUs (V-ECUs) or FMUs
  • Support for AUTOSAR as well as non-AUTOSAR TargetLink code
AUTOSAR support
  • Simulation of virtual ECUs which are generated by SystemDesk
  • Support of realistic AUTOSAR operating systems
  • Support of AUTOSAR basic software modules, such as DEM, NVRAM or ECU state manager
  • Support of AUTOSAR R3.0, R3.1, R3.2, and R4
Bus simulation
  • Simulation of ECU network communication on CAN and LIN buses, including messages, scheduling and arbitration
  • Precise restbus simulation with identical functionality and features for SCALEXIO and VEOS
  • Idealized bus simulation for FlexRay
Virtual Bypass Support
  • Replacing existing ECU functions with new Simulink models using the virtual bypass method
XIL API support
  • Support of XIL API Model Access port
XCP support
  • Access to Simulink and TargetLink models as well as V-ECUs via XCP on Ethernet
Debugging
  • C code debugging during a running simulation
Code coverage
  • Analyzing the extent to which code has been tested with CTC++ from Testwell
Processor-in-the-loop (PIL) simulation
  • Running ECU code for the target processor on an evaluation board
  • Support of Freescale MPC 5604B and Infineon TriCore 1797 evaluation board
Tool chain integration
  • Off-the-shelf integration into the dSPACE rapid control prototyping (RCP) and hardware-in-the-loop (HIL) tool chain

The MathWorks社と提携

VEOSは、MathWorks Connections Programの一部です。dSPACEでは、MathWorks社と連携することにより、Simulink® Coder™で生成したCコードをVEOSに統合し、シミュレートできるようにしています。


詳細については、MathWorks Connections Programのウェブサイトを参照 してください

便利なモデル交換

dSPACEでは、シミュレーションモデルの交換を容易にするため、Simulinkインプリメンテーションコンテナ(SIC)ファイルを生成するModel Interface Package for Simulink®(MIPS)を提供しています。


無料のMIPSを使用すると、モデリング担当者はVEOSやConfigurationDeskのライセンスを使用することなく、Simulink Coderで(Cコードの)SICファイルを生成することができます。Simulinkモデルからコードを生成したり、dSPACE Run-Time Targetを使用してコードを生成することにより、VEOSやSCALEXIO®などのさまざまなシミュレーションプラットフォーム上でモデルを実行するために必要なすべてのコードおよび成果物を含むZIPファイルを作成することができます。


SICファイルを使用するモデル統合担当者は、シミュレーションのビルド用に再度コードを生成する必要がありません。SICを使用すれば、さまざまなプロジェクトでSICを再利用するのにかかる時間を大幅に削減することができます。

Efficiently Integrating Various Modeling Approaches

Compliance with FMI ensures that models created in various modeling tools can be exported as Functional Mock-up Units (FMUs) and that these FMUs can readily be integrated in VEOS-based virtual validation projects. In such projects, FMUs can be integrated together with other FMUs, virtual ECUs (V-ECUs), and Simulink® models. The user workflow for importing and connecting FMUs to other model interfaces is identical for all supported model types. Variable and parameter access during simulation is supported by ControlDesk® Next Generation, AutomationDesk and XIL API.

Functional Mockup Interface(ファンクショナルモックアップインターフェース)

dSPACEが異なるソースからのシミュレーションモデル統合を容易にするオープン規格のFMIをサポート

Support of Multisensor Applications

VEOS supports bidirectional, low-latency communication with RTMaps, the component-based software development and execution environment from Intempora.

基本情報 その他の情報