For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

VEOS®

PCベースのシミュレーション用プラットフォーム
  • PCベースのシミュレーションによるECUソフトウエアの早期妥当性確認
  • CANおよびLINバスに対応したECUネットワーク通信の包括的で現実的なシミュレーション
  • RCPおよびHILツールチェーンとのシームレスな統合
  • 各種自動車規格をサポートするオープンな環境
  • NEW:FMI(Functional Mock-up Interface)のサポート
  • NEW:マルチモデルシナリオのサポート

適用分野

dSPACE VEOSは、電子制御ユニット(ECU)の開発における仮想検証の需要の増大を促進するための、PCベースのシミュレーションプラットフォームです。VEOSを使用すると、特定のシミュレーションハードウエアに依存することなく、開発の早い段階で、制御モデル、Functional Mock-up Unit(FMU)、バーチャルECU(V-ECU)、車両モデルなどのさまざまなモデルをシミュレートすることができます。マルチモデルシナリオでは、多数のSimulinkやFMI 2.0ベースのファンクションまたはプラントモデルをVEOSでインポート、接続、および実行することにより、ご使用のアプリケーションの利用範囲を拡大することができます。


主な利用効果

VEOSは標準的なPC上で動作します。機能開発者、ソフトウエア設計者、およびECUテスト担当者は、VEOSを使用することで、プロジェクトの初期段階でさまざまなオプションを利用して仮想検証を行うことができます。
  • 新しい機能をECUソフトウエア全体に統合して、機能間の連携をテストすることができます。
  • 高度なエンジンモデルおよびビークルダイナミクスモデルを備えた仮想テストベンチとして、複雑な制御ストラテジの設計に恒久的に役立てることができます。
  • 複雑な車両および環境モデルをバーチャルECUに統合し、バーチャルビークル全体のシミュレーションとテストを行うことができます。
  • HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーションに備えて、HILシステムから独立した形でPC上でモデルとテストを作成し、セットアップして実行することができます。

体系化された拡張

VEOSは他のdSPACE製品と連動し、開発およびテストプロセス全体に対応した総合的なツールチェーンを提供します。つまり、ラピッドコントロールプロトタイピングやHILシミュレーションで一般的に使用されているツールやモデルを、仮想世界でも使用することができます。同様に、VEOSを使用するPCベースのシミュレーションでHILシミュレーションのレイアウトを再利用することや、逆にHILシミュレーションでPCベースのシミュレーションのレイアウトを再利用することもできます。また、VEOSのオープンインターフェースを利用して、既存のツールに接続して利用することもできます。
  • Simulink®とdSPACE Target for Offline Simulation – Cコードベースのシミュレーションの生成
  • TargetLink® – 量産コードに基づくAUTOSARおよび非AUTOSARシミュレーションの生成
  • SystemDesk® – バーチャルECUの生成
  • Automotive Simulation Models – 複雑な環境モデルに対応
  • ModelDesk – 環境モデルのグラフィカルな設定とパラメータ化に対応
  • ControlDesk® Next Generation – 試験およびシミュレーションのビジュアル表示
  • MotionDesk – シミュレーションシナリオのビジュアル表示
  • AutomationDesk – テストの作成とシミュレーション実行の自動化

Efficiently Integrating Various Modeling Approaches

 Compliance with FMI ensures that models created in various modeling tools can be exported as Functional Mock-up Units (FMUs) and that these FMUs can readily be integrated in VEOS-based virtual validation projects. In such projects, FMUs can be integrated together with other FMUs, virtual ECUs (V-ECUs), and Simulink® models. The user workflow for importing and connecting FMUs to other model interfaces is identical for all supported model types. Variable and parameter access during simulation is supported by ControlDesk® Next Generation, AutomationDesk and XIL API.