For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

SCALEXIO®

Innovative technology for HIL simulation

SCALEXIO, the newest dSPACE hardware-in-the-loop (HIL) simulator, is available from small to large systems while providing very high processing power. It is configured entirely by software, which makes adapting to changing requirements flexible and easy. SCALEXIO can be coupled with other dSPACE HIL systems, such as Simulator Full-Size and Simulator Mid-Size, offering an easy way to update existing HIL systems.

  • モーターのテスト

    モーターECUのテストでは、短いシミュレーションサイクル、高速な演算処理能力およびI/Oアクセスが必要となります。SCALEXIOは、自由にプログラム可能なFPGAと高レベルのI/Oを搭載したDS2655 FPGA Base Boardを提供しています。

    DS2655は、XSG Electric Components Libraryと組み合わせて使用することで、コントローラとの閉ループ制御環境におけるモーターシミュレーションに必要な高速な応答時間を実現します。

    FPGAは、XSG Electric Components Libraryなどからモーターのシミュレーションモデルの一部を計算します。

    また、電子負荷モジュールをSCALEXIOシステムに接続することにより、800Vまでの異なる電圧範囲に対応することもできます。

     

  • バーチャルECUによるHILシミュレーション

    ECUのハードウエアプロトタイプはHILテストにはまだ利用できないとしても、代わりにバーチャルECU(V-ECU)をSCALEXIOシステムと組み合わせて使用することができます。V-ECUは通常、実際のECUと同じソフトウエアコンポーネントを備えており、SystemDesk V-ECU Generation Moduleを使用して生成されます。V-ECUは、SCALEXIOで単独で使用したり、他のV-ECUや実際のECUと連携させることができます。V-ECUとネットワーク内のECUを組み合わせることにより、開発プロセスの初期段階で、高品質のレストバスシミュレーションが可能になります。

    HILシミュレーション時にV-ECUを使用する場合、SCALEXIO Real-Timeライセンスが必要になります。

    V-ECUの設定は、他のビヘイビアモデルの場合と同じように、ConfigurationDeskでリアルタイムアプリケーションに統合することができます。

  • dSPACE SCALEXIO:スケーラブルで、より高速、より柔軟に

    dSPACEの最新HIL(Hardware-in-the-Loop)テクノロジであるSCALEXIOは、マルチプロセッサ(MP)シミュレーションプラットフォームを実現する新たな拡張機能により、さらに強力になっています。

    この拡張機能により、複数のSCALEXIOマルチコアプロセッサユニットの接続が可能になるため、リアルタイムな演算処理を実現する強力なシミュレーションプラットフォームを構築できます。

    詳細

  • Success in Action

    2年前に発売されたdSPACEのSCALEXIO HIL(Hardware-in-the-Loop)テストシステムは、既に多くのお客様プロジェクトでその真価を発揮しています。このHILテストシステムは現在、中国、フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国、米国など世界中で使用されています。

    詳細

  • SCALEXIO Is Evolving

    dSPACEの新たなHIL(Hardware-in-the-Loop)システムであるSCALEXIOは、2011年のリリース以降、発展し続けてきました。最新バージョンでは、欠陥シミュレーションを含む、非常に大規模なテストシステムをユーザが構築するのをサポートします。

    詳細

HILシミュレーションの技術革新

dSPACEの最新HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレータであるSCALEXIOは、システムの規模を問わず利用可能でありながら、非常に高い処理能力を提供します。すべての機能をソフトウエアで設定できるため、要件の変更に対して柔軟かつ容易に適合できます。SCALEXIOは、Full-SizeシミュレータやMid-Sizeシミュレータなどの他のdSPACE HILシステムと連携できるため、既存のHILシステムを更新するための容易な手段となります。

適用分野
dSPACE SCALEXIO1)は高度の汎用性をもつHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレータであり、柔軟性の高いチャンネルの提供、目的の規模に合わせた拡張、ソフトウエアによるすべての機能の設定が可能となります。用途範囲は、電動システムの電子制御ユニット(ECU)のテストを含む、すべてのテスト領域および車両に及びます。SCALEXIOのマルチプロセッサ機能により、シミュレータを既存のSCALEXIOベースのシステムやDS100xプロセッサボードベースのシステムと連携させることができます。これにより、既存のテスト設定の拡張が可能になり、増大するプロジェクトニーズに対応できるようになります。

主な利用効果

  • I/Oの設定やモデリング、コード生成を分離することにより、さまざまなワークフローやユーザロールをサポートします。
  • 単一のシステム上で、さまざまなECUのバリアントやタイプのテストを最小限の設定で実行
  • コンポーネントのテストシステムおよびネットワークシステムが同じ標準化されたハードウエアコンポーネントと接続方法を使用しているため、個別のテストケースに応じて容易にサイズ変更が可能
  • チャンネルのグラフィカルな設定
  • 実際のECUが入手できない場合でも、バーチャルECU(V-ECU)を使用してHILテストを実行
  • FMIのサポート

1) dSPACE HILシステムに接続された装置(たとえば、電子制御ユニット)から、ユーザを危険にさらすおそれがある大電流および高電圧(60 V DCまたは30 V ACRMS)が流れることがあります。これは、たとえば圧電用途やハイブリッド駆動用のシステムで起こります。このような電流や電圧は財物の損壊、人的傷害、または死亡の原因となることがあります。いかなる状況でも、マニュアルに記載されているすべての安全注意事項を必ず遵守してください。電気的に安全なインターフェースケーブルなど、安全関連の追加機器については、dSPACEにお問い合わせください。

SCALEXIOシステムは標準化されており、SCALEXIOシステムの全バージョンで再利用することができます。

  • SCALEXIOシステムの中心となっているSCALEXIOプロセッサユニットは、市販のコンポーネントに基づいているため、プロセッサテクノロジは常に最新のものとなっています。
  • スケーラブルなシリアルI/OネットワークであるIOCNETは、リアルタイムプロセッサとI/Oボード間の内部通信を提供します。

SCALEXIO I/Oユニットは、一般的なECU信号用に設計されており、次のことが可能です。

  • I/Oボード上でローカルに信号のプリプロセス処理を行うことでリアルタイムプロセッサへの負荷を軽減
  • 統合されたシグナルコンディショニング、およびコンバータや電気的欠陥シミュレーションのパーツ
  • 取り付けと設定のプロセスが共通しているため、覚えるのにほとんど時間がかからない

SCALEXIOのI/Oハードウエアには3つのハードウエアタイプがあり、それぞれ一般的なアプリケーションのニーズに合わせて設計されています。MultiCompact、HighFlexおよびSCALEXIOのI/Oボードを組み合わせて拡張することにより、どのようなシステム設定でも構築できます。これらのハードウエアには、以下の共通点があります。

  • I/Oボード上でローカルに信号のプリプロセス処理を行うことでリアルタイムプロセッサへの負荷を軽減
  • IOCNETインターフェースを介したプロセッサユニットへの接続
  • すべての機能をソフトウエアにより設定可能
  • 取り付けと設定のプロセスが共通しているため、覚えるのにほとんど時間がかからない

MultiCompact
  • 特定用途向けの多数の入出力チャンネル
  • 各チャンネルが固定したチャンネルタイプを持っているため、チャンネル当たりのコストが低い
  • 統合されたシグナルコンディショニングおよびコンバータ
  • オンボード欠陥生成ユニット(FIU)
  • 実負荷と擬似負荷の接続
  • DS2680 I/O Unit
    • 1つのユニットキャリアに設置可能なコンパクト設計
    • 電源スイッチなどの十分なシミュレーションシステムのための基本機能
    • 専用のI/O機能を備えた各種チャンネル
  • DS2690 Digital I/O Board
    • スロットに依存せず組み立てが容易な標準化されたコネクタ
    • 専用のI/O機能を備えたデジタルチャンネル

HighFlex
  • 自由に割り当て可能なチャンネルタイプを備えた汎用的な入出力/バスチャンネル
  • I/Oボード当たり10チャンネル、バスボート当たり4チャンネルを備えた高い汎用性とスケーラビリティ
  • 各チャンネルは個別に電気的に絶縁
  • 統合されたシグナルコンディショニングおよびコンバータ
  • オンボード欠陥生成ユニット(FIU)
  • 実負荷と擬似負荷の接続
  • すべてのボードのコネクタコンセプトを標準化
  • スロットに依存せず組み立てが容易なボード
  • DS2601 Signal Measurement Board
  • DS2621 Signal Generation Board
  • DS2642 FIU & Power Switch Board
  • DS2671 Bus Board
SCALEXIO I/Oボード
  • 専用のチャンネルタイプを含む多数の入出力チャンネル
  • 電流関連の機能を省いたI/O機能に特化
  • オンボード欠陥生成ユニット(FIU)なし
  • 実負荷または擬似負荷の接続なし
  • D-Subコネクタを介したI/Oへの接続
  • スロットに依存せず組み立てが容易なボード
  • DS6101 Multi-I/O Board
  • DS6201 Digital I/O Board
  • DS2655 FPGA Base Board

航空宇宙産業向けSCALEXIOソリューション SCALEXIOにより、ARINC 429、MIL-STD-1553、またはAFDXに対応した航空宇宙産業用途向けのモジュールを提供 プロセッサユニット 最新のプロセッサテクノロジを採用したdSPACE SCALEXIOプロセッサユニット DS2601 Signal Measurement Board ECU出力信号計測用HighFlex I/Oボード DS2621 Signal Generation Board ECU入力シミュレーション用HighFlex I/Oボード DS2642 FIU & Power Switch Board 欠陥生成ユニット搭載、パワースイッチング用HighFlexボード DS2655 FPGA Base Board ユーザによるプログラミングが可能なFPGAを備えたHighFlexボード DS2671 Bus Board さまざまなバスシステムに接続可能なHighFlexボード DS2680 I/O Unit パワートレインおよびビークルダイナミクス向けMultiCompactユニット DS2690 Digital I/O Board 車両ボディ用途向けMultiCompactボード DS2907 Battery Simulation Controller バッテリシミュレーション用電源制御 DS6101 Multi-I/O Board 自動車システム向けのシグナルコンディショニング機能を持つ入出力ハードウエア DS6201 Digital I/O Board 96個の双方向デジタルI/Oチャンネルを搭載したSCALEXIO I/Oボード SCALEXIO Field Bus Solution SCALEXIOは、ProfibusやEtherCATなどの各種フィールドバスにSCALEXIO HIL(Hardware-in-the-Loop)システムを接続するためのインターフェースソリューションを提供します。 ControlDesk Next Generation 電子制御ユニット(ECU)開発向けの汎用的な試験ソフトウエア MotionDesk HIL(Hardware-in-the-Loop)試験のビジュアル表示などに適した、仮想世界での機械的システムの3Dアニメーション 自動車用シミュレーションモデル パワートレインおよびビークルダイナミクスに関するリアルタイムシミュレーションモデル AutomationDesk AutomationDeskは、HIL(Hardware-in-the-Loop)テストや電子制御ユニット(ECU)のための強力なテストオーサリングおよび自動化ツールです。
その他の情報